無印良品のBGMを視聴してみよう

無印良品のBGMを視聴してみよう

 

 

無印良品の商品開発で参考にする写真

無印良品が商品開発の前に行っているのは、ごく一般的な家庭の部屋の写真を撮影すること。写真の中から生活上の不便や不都合を見つけ出し、それを解消する新商品という視点です。
店内に流れているBGMが気になったら

無印良品の店内には、いろんなタイプの曲がBGMとして流れています。このBGMは商品としてCDで販売されており、気になったら購入することができます。
無印良品のジャケットに施されている工夫

無印良品の衣料品売り場ームジラボのジャケットは、無印お得意の「収納」の考え方を取り入れ、ポケットに工夫があります。たとえば、文庫本がちょうど入ったリ、名刺とペンを分けて入れられるのです。

一般からのアイデアの有効活用

無印良品は、ユーザー投票で1000票集まれば開発が検討される「空想無印」というコミュニティーサイトを設けています。ここから「貼ったまま読める透明付箋紙」などが商品化されています。

無印良品の出店候補地の下見方法とは

無印良品では、出店計画がある土地を調べる際、まずタクシーで情報収集をしています。不況でいわゆる「ロング客」が減っている中、1万円を超える料金で商圏を走ってもらうと、運転手さんはいろんなことを教えてくれるといいます。