赤い家電を販売するメーカーの戦略とは?

赤い家電を販売するメーカーの戦略とは?

 

冷蔵庫や雪子レンジなど家電」と呼ばれる電化製品にも、ここ数年は、ヘルシオ(シャープのウォーターオーブン)に代表される赤い色が目立つようになってきました。赤い配色は家庭内で浮いてしまうきらいがあって、これまでメーカーは敬遠してきたのです。しかし、スタイリッシュなカラーとしてなじんできたことから、消費者の選択肢の一つになっています。さらには、家電業界にとって利益的に重要な要素から、赤が増えたという側面もあるのですが……。では、その重要な要素とは何でしよろ?

 

 

(赤い色がトレンドの)中国への販売ー輸出を想定している

中国で赤い色には、日本同様「寿」の意味があります。また「愛」「情熱」のィメージも持っています。

実は中国でも、最近までは白い家電が主流だったのです。しかし、あるメー力ーが、「永遠の愛を誓った二人の生活にーを象徴するーを」と”うことで、赤い冷蔵庫を売り出したところこれが大ヒット。その後を追うようこ、赤い洗濯機、赤いレンジなど、次々とラィンナップされました。そんな赤色が好きな中国人は、日本の家電メーカーにとっては上等なお客様。

ニーズに合わせて、日本でも赤いをデザインしているというー面があるようです。

中国に近い沖縄でも「赤色」が売れるというデー夕があります。

 

たとえば、お土産のパッケージには赤が多いのです。以前、某電機メーカーが赤いビデオデッキを沖縄で発売して、大ヒットさせたということもありました。

 

ワタクシ的には赤と言えば、赤い彗星のジャー 炊飯ジャーw