ローソンフレッシュピックのアプリや評判 店舗には叙々苑なども

 

ローソンフレッシュピックのアプリや評判 店舗には叙々苑なども

 

 

ローソンは、朝8時までにスマホのアプリで注文した商品を、当日18時以降に指定の店舗で購入、受け取れるサービス『ローソンフレッシュピック』を2018年3月にスタートしました。

「近年、女性の社会進出により主婦の方の炊事にかける時間が減少している現実があります。その日の朝にアブリで注文を済ませてしまえば、帰宅時には近所のローソンにその商品が届いているのがこのサービスの一番の特長。疲れている時にスーパーで食材を選んだり、混雑したレジに並ぶなどの必要がありません」

取扱商品は野菜や果物、精肉や鮮魚類、牛乳やパンなど、500種類以上の食品。

さらには「成城石井」や「叙々苑」「鈴廣かまぼこ」といった専門店の商品もお取り寄せ感覚で注文でき、「人気のスイーツやこだわりの品を食べたい」といった要望にも応えてくれる。

もうひとつの特長は約25種類のミールキット。食材と調味料がセットになっており、海鮮八宝菜やビビンバ、白菜とトマトのクリーム煮など、家で開封して調理するだけで夕食のおかずが手軽に完成。価格もリーズナブルだ。

「こうした食材の宅配サービスは従来ありますが、指定の配達時間までに帰宅が間に合わない場合もありますよね。その点『ローソンフレッシュピック』は18時以降ならいつでも受け取れますし、加えて店舗に並ぶ総菜類を購入するなど組み合わせも自在です」

近所のローソンを生鮮スーパー感覚で利用できる。利用者にはれしいコンビニの新たなサービスは、現在のところ東京、神奈川の約220店舗に展開。今年度中に約2000店舗までの拡大を目指している。

 

 

ジャパネットたかた テレビなどの評判

 

ジャパネットたかた テレビなどの評判

 

通販のジャパネットたかたが販売を止めてしまう商品とは?

長崎佐世保の本社に併設したスタジオから、日本全国へ通信販売を展開している「ジャパネットたかた」。様々な商品を扱っていますが、どんなに売り上げがよくても、お客の反応によっては販売を止めてしまう商品があるといいます。さて、それはどんな商品でしょう?

 

 

 

操作が難しいという意見があった商品

ジャパネットたかたでは、操作方法に時間がかかるものはご法度。同社の主要顧客は、高齢者層だそうです。

チラシに載っている商品を、高田明社長が放送ーつ紹介しているのが知りたいという声が多いのだそうです。

 

 

自社スタジオから放送するメリット

ジャパネットたかたが自社スタジオから生放送をする理由の一つは、天候の変化に合わせ、紹介する家電などを即座に変更することができるからです。

 

 

あえて通販番組の台本を作らない理由

同社の通販番組には、台本が存在しません。これは、あらかじめ設定した台本通りにしやべろうとすると、それにとらわれて受け手に想いが伝わらなくなるという考えから。

 

 

高田社長の語りくちに注目

通販番組での高田社長の特徴として、話すスピードが非常に速いことが挙げられます。普通の人は、1分間に350字ぐら、なのですが、高田社長の場合、1分間に550字ほどの内容です。早く話すためには、内容を十分理解していないといけません。それが伝わりやすさにもなっています。真逆の例で恐縮ですが、悪名高い振り込め詐欺でも、これくらいのスピードで話しているケースが多いそうです

また、高田社長はひんぱんに「みなさんー」と問いかけます。これはまるで自分に話しかけられているかのような効果を生み、親近感が湧きます。安心、信頼につながって購入に結び付くわけです。

 

 

「ジャパネット負担!」 その額は?

「1.手数料はジャパネットー!」の同社がー金額は、年で年間約ー億円だそうです。