飛行機はどうやって飛ぶのか 高さや燃料や行きと帰りの時間

 

飛行機はどうやって飛ぶのか 高さや燃料や行きと帰りの時間

 

 

飛行機はどれくらいの高さを飛ぶのか?

 

飛行機は通常約3万3千フイート(約1万メートル)上空を飛行します。

この高さには、ある理由が。

高度を上げれぱ上げるほど空気が薄くなり、機体にかかる空気抵杭は少なくなります。

それなら、「1万メートルよりもっと高い高度を飛べばさらに効率が良いのでは?」と思うかもしれませんが、空気の濃度が薄過ぎても、エンジンを動かすための空気が取り込めなくなってしまいます。

約1万メートルという高度は、空気抵抗とエンジンの推進力のバランスを考えたとき、最も効率の良い値なのです。

 

行きと帰りで乗っている時間が違うのはなぜか?

 

上空に吹く風の影響です。

飛行機に乗ると、同じ路線なのに行きと帰りで飛行時間が違うことがあります。

その理由は上空に吹いている偏西風という風にあります。

日本の約5千メートルから1万メートル上空には、常に西から東へ最大360km/hもの強力な風“偏西風”が吹いています。

例えば日本から米国へ行く場合は追い風となりスピードが増し、逆に米国から日本へ帰る場合は向かい風となりスピードが落ちます。

そのため、行きと帰りで飛行時間に差が生まれてくるのです。

 

大型ジェット旅客機の燃料はどこに積まれているのか?

 

主翼の中に燃料タンクがあります。

大型ジェット旅客機の場合、燃料タンクは主翼の中に搭載されています。

飛行機にはどんな燃料を使うか知っていますか?自動車の燃料はガソリンや軽油ですが、飛行機の燃料は「灯油」に分類されるもの。

ちなみに、燃料はタンクいっぱいにしてしまうと飛びづらいため、予備分も含めて必要な量だけを積んでいます。

う~ん、ためになりますね。