シンガポール航空の好印象を生み出す秘密とは?

 

シンガポール航空の好印象を生み出す秘密とは?

 

 

海外旅行情報『エイビーロード』が発表する「エアライン満足度調査」で、毎年上位に位置するシンガポール航空。
「シンガボールガール」と呼ばれるフライトアテンダントのサービスが素晴らしく、さらに機内では、目に見えない快適性を戦略的に仕掛けています。
それは、他の航空会社ではあまり見られない戦略で、人間の五感の一つに訴えるものなのですが……。

さて、その快適性の演出とは何でしょう?

 

 

答え

シンガポール航空オリジナルの答「香水を充実させている」

機内議は、百聞は一見に如かずなので

「航空会社らしさ、というものがあります。

オリジナルブレンドの香りを熱いおしぼりに浸み込ませます。

サービスしてくれるシンガポール航空で、お客の印象を高めています。
シンガポール航空は、視覚的な要素と香りとの相乗効果を狙っています。

 

北海道帯広にある屋台「北の屋台」の人気が衰えない秘密とは?

北海道帯広にある屋台「北の屋台」の人気が衰えない秘密とは?

 

 

北海道帯広にある屋台「北の屋台」の人気が衰えない秘密とは?

 

北海道帯広市、にある屋台村「北の屋台」。もともと帯広市、は飲食店も多かったのですが、不況のあおりを受け元気がなくなっていました。そこで「帯広を元気にしたい!」と町、の有志が集まり、2001年にスタートしたのが「北の屋台」なのです。以来10年間人気が衰えないのですが、それには、出店に関して「3年ごと」と設定された「ある決まり事」に秘密があるようです。さて、その決まり事とは何でしょう?

 

<答え>
3年ごとにすべてのお店が入れ替わる

すべてのお店が撤退した後は、再びコンペを行って、新しいお店を決めます。1ンーl加が1ので、アィデアーつーに責任が持てるというものです。コンペに勝って引き続き営業する。

毎回、新鮮な楽しみを味わえることになるわけです。「北の屋台」の成功により、函館市や北見市などでも次々と屋台が生まれ、北海道に新たな食文化を作り上げました。