Jリーグーアルビレックス新潟の戦略

Jリーグーアルビレックス新潟の戦略

 

Jリーグーアルビレックス新潟の観客を盛り上げた地域密着の戦略とは?

ピーク時で平均観客動員4万人を超えたJリーリーグのチーム、アルビレックス新溜。大都市圏でない地方にもかかわらず、高い集客力を持つことが知られています。その背景には、無料招待券の配布など地元と密着した様々な取り組みが挙げられますが、県内の各スポーツチームと連携した、認知度を高めるための工夫も重要な役割を果たしたようです。それは他のjリーグチームでは見られないユニークなものですが、どのようなアイデアだったのでしょう?

 

 

答え

「アルビレツクスを他の様々なスポーツチームにも命名した

新潟県では、パスケットボール、陸上、スキー、スノーボード、チアリーディングのチームも「アルビレックス」。同じ名前を多くのスポーツチームに冠することで、複合的に地元で大きな注目を得ることになったのです。このょうな様々な観客動ーが功を奏し、スポンサーとなる地元企業も多くなったといいます。

ところ変わって、広島でも、広島東洋ヵープ、サンフレッチェ広島、広島交響楽団と3つのプロ団体が提携し、街をあげた活動をー現「同一家力汽」を各々の試合ー演奏会に招待し、3大プロを体験できるブログラムがあります。