ローソンフレッシュピックのアプリや評判 店舗には叙々苑なども

 

ローソンフレッシュピックのアプリや評判 店舗には叙々苑なども

 

 

ローソンは、朝8時までにスマホのアプリで注文した商品を、当日18時以降に指定の店舗で購入、受け取れるサービス『ローソンフレッシュピック』を2018年3月にスタートしました。

「近年、女性の社会進出により主婦の方の炊事にかける時間が減少している現実があります。その日の朝にアブリで注文を済ませてしまえば、帰宅時には近所のローソンにその商品が届いているのがこのサービスの一番の特長。疲れている時にスーパーで食材を選んだり、混雑したレジに並ぶなどの必要がありません」

取扱商品は野菜や果物、精肉や鮮魚類、牛乳やパンなど、500種類以上の食品。

さらには「成城石井」や「叙々苑」「鈴廣かまぼこ」といった専門店の商品もお取り寄せ感覚で注文でき、「人気のスイーツやこだわりの品を食べたい」といった要望にも応えてくれる。

もうひとつの特長は約25種類のミールキット。食材と調味料がセットになっており、海鮮八宝菜やビビンバ、白菜とトマトのクリーム煮など、家で開封して調理するだけで夕食のおかずが手軽に完成。価格もリーズナブルだ。

「こうした食材の宅配サービスは従来ありますが、指定の配達時間までに帰宅が間に合わない場合もありますよね。その点『ローソンフレッシュピック』は18時以降ならいつでも受け取れますし、加えて店舗に並ぶ総菜類を購入するなど組み合わせも自在です」

近所のローソンを生鮮スーパー感覚で利用できる。利用者にはれしいコンビニの新たなサービスは、現在のところ東京、神奈川の約220店舗に展開。今年度中に約2000店舗までの拡大を目指している。

 

 

イケアの店舗に関する雑学

 

イケアの店舗に関する雑学

 

パリのメトロで行った個性的キャンぺーン

イケアでは、パリの地下鉄の駅にてユニークなキャンぺーンを展開しました。それは、ベンチをイケアのソファーに置き換えて、電車待ちをしている人に座リ心地を体感してもらおうというもの。駅のホームには、本棚やテレビなどの壁紙が貼り出され、まるで部屋に居るようなリラックス感を味わえたということです。
日本初のオープン時に展開した斬新な宣伝
イケア船橋のオープン前日。ー車の窓から見える位置にあるJR京葉線ー新浦安駅のマンションを、1棟丸ごと広告媒体にして、ベランダを使い一斉に「IKEA」のロゴをアビールしました。

 

 

クリスマスツリーを返すことができるアイデア

イケアが販売するクリスマス、ソリーは、シーズン後に返却すると、ツリーと同額の商品券がもらえます。お客の来店を促すための効果を期待し、親で行っているのです。

 

 

子どもを預かる場所ではなくて……

「男性預かり所」、がイケアが存在します。これは、ショッピング好きは女性が中心になることからの発想です

 

 

イケア内にあるレストランの必然性

イケアが誕生した北欧のスウエーデンは「腹が減っては買い物ができぬ」という国民性を持っているそうです。店舗内にレストランがのは、そういった感覚を反映しています。

 

 

 

 

 

青山フラワーマーケットの店舗に関する雑学

青山フラワーマーケットの店舗に関する雑学

 

 

500円のフラワーブーケを置く理由

駅の構内の出店となると、賃料の関係でどうしても小さな店舗にならざるをえません。「それを目当てにお客が買いにくる」コアアィテムが重要となります。目にとまって買い求めやすい商品、それが、ワンコィンのプーケなのです。

同社が花を色ごとに並べている理由

ー般の花屋は、花の種類ごとにまとめているのに対し、青山フラワーマーケットでは色ごとに陳列しています。これは、お客が花束の組み合わせをスムーズに選べるょうにするためです。

 

 

店舗の中に冷蔵庫を置かない理由

青山フラワーマーケットでは、ー般の花屋で見られるような保存用の冷蔵庫を置いていません。これは、冷蔵庫があると売リ切る意欲がそがれるためなのです。そのため、ドライフラワーも扱っていません。

 

男性も花を買いやすくするためのアイデアとは

男性客が気兼ねなく花を購入できるように、ー見して花だと分からないよう、商品を黒い箱のフラワーボックスに包装しています。このボックスには豪華さを演出する効果もあります。

 

 

 

 

青山フラワーマーケットが店舗を出店する場所とは?

青山フラワーマーケットが店舗を出店する場所

 

 

話通の花屋*

青山フラワーマーケットが出店する場所とは?

首都圏を中心に数多く店舗を展開、花屋のファスト業態として脚光を浴びている青山フラワーマーケット。約8坪から10坪ほどのわずかな面積で、1日数百万円の売り上げが見込めるそうです。青山フラワーマーケットでは、自社のことを「花のある時間と空間を提供するサービス業」と捉え、洋ランなどの派手な花よりも、日常生活に寄り添った花に特化した展開を行っています。そのため、出店の際には特に「ある場所」を狙って進めるのですが、「ある場所」とはどこでしょう?

 

 

答え! 駅の構内

花屋がある場所といえば、消費地のすぐそば、たとえば大きなオフイスビル、病院、スーパーの一階というのが従来の立地条件でした。ところが青山フラワ1マーケットは、ふだんの生活にぬくもりを与える花とい>つ需要開拓が戦略の根本。となると、注目すべきは人通りが多いところであり、首都圏でいうと駅構内でした。

店内には、グラスブーケ、ダイニングブーケなど、生活シーンに合わせた様々な花束が用意されています。花を特別な扱いから解放して、日常使いを提案するのが、この「ライフスタイルブーケ」であり、値段も気軽に買える設定にしているのです。