イケアの店舗に関する雑学

 

イケアの店舗に関する雑学

 

パリのメトロで行った個性的キャンぺーン

イケアでは、パリの地下鉄の駅にてユニークなキャンぺーンを展開しました。それは、ベンチをイケアのソファーに置き換えて、電車待ちをしている人に座リ心地を体感してもらおうというもの。駅のホームには、本棚やテレビなどの壁紙が貼り出され、まるで部屋に居るようなリラックス感を味わえたということです。
日本初のオープン時に展開した斬新な宣伝
イケア船橋のオープン前日。ー車の窓から見える位置にあるJR京葉線ー新浦安駅のマンションを、1棟丸ごと広告媒体にして、ベランダを使い一斉に「IKEA」のロゴをアビールしました。

 

 

クリスマスツリーを返すことができるアイデア

イケアが販売するクリスマス、ソリーは、シーズン後に返却すると、ツリーと同額の商品券がもらえます。お客の来店を促すための効果を期待し、親で行っているのです。

 

 

子どもを預かる場所ではなくて……

「男性預かり所」、がイケアが存在します。これは、ショッピング好きは女性が中心になることからの発想です

 

 

イケア内にあるレストランの必然性

イケアが誕生した北欧のスウエーデンは「腹が減っては買い物ができぬ」という国民性を持っているそうです。店舗内にレストランがのは、そういった感覚を反映しています。

 

 

 

 

 

イケアのオープンに関する雑学

イケアのオープンに関する雑学

 

 

店員に商品への愛着をわかせるイケアの手法とは?
スウェーデン発祥、安くてデザイン性が高い家具で人気を集めているイケア。日本では2006年、船橋で一号店がオープンしたのを皮切りに、次々と新店舗が誕生しています。そのイケアでは、店舗に対する愛着を育むなどの理由から、新規開店する前や新商品発売の前に従業員一丸となって「あること」が義務付けられます。それはどんなことでしょう?

 

答え

商品を自分たちの手で組み立ててディスプレイまで考える

イケアの店舗では、商品見本を従業員が自分たちの手で組み立てています。また、陳列ー演出もすベて手掛けているということです。こうしないと、商品に対する理解が深まらず、お客様にきちんとした説明ができないとの考えからです。

自分で組み立てるもう一つの狙いは、イケアに対する愛着を育むこと。すべてお膳立てされて仕事が始まるのと、何もない状態から自分たちで商品を組み立てて開店を迎えるのとでは、恩い入れに格段の違いがあります。同時に、仲間意識も形成されますね。

イケアの新店のオープン日には、感動のあまり泣き出す従業員も出るといいます。