飛行機はどんな素材でできているのか?

 

飛行機はどんな素材でできているのか?

 

 

軽くて丈夫な金属でできています。

飛行機は鉄でできているものと思われがちですが、実は、機体に最も多く使われている素材は「ジュラルミン」と呼ばれるアルミニウム合金。

軽くて丈夫なので、飛行機の素材に向いているのです。

技術が進み、近年では新たな素材も取り入れられています。

 

 

飛行機はどうやって飛ぶのか?

 

空中にいる飛行機にも「重力」が作用します。

そのため、飛行機が飛ぶには上に持ち上げる力が必要です。

翼の形をよく見ると、上が膨らんだ形をしているのが分かります。

この形によって翼の上下に気圧の差が生まれることで「揚力」が発生し、機体を浮かせることができるのです。