万引き家族 あらすじとネタバレ

 

万引き家族 あらすじとネタバレ

 

 

「家族」と「万引き」は結びつかないですよね、まずタイトルにびっくりします。

 

「誰も知らない」(04年)、「歩いても、歩いても」(08年)、「海よりもまだ深く」(16年)など現代の家族のさまざまなありようを描き続けてきた監督の新作は、万引きによって結びついた奇妙な家族の物語です。

 

 

一家は東京北部の古ぼけた一軒家に住んでいる。
冒頭、父親、リリ一フランキーが小学生の息子とスーパーでコンビネーション良く万引きをする。

 

なんの罪の意識もない。
母親(安藤サクラ)も日用品をよく盗んでくる。
この家族では万引きが日常化している。

 

だからといって彼らは決して異常ではない。
祖母(樹木希林)を中心に一家は仲睦まじい。
家から閉め出されてしまったらしい小さな女の子を見つけると、家族みんなで可愛がる。

 

それでいて、息子は妹のようになつくその女の子と、近所の駄菓子屋で万引きをする。
両親はそれをとがめるわけでもない。

 

父親は工事現場で、母親はクリーニング店で働いている。
それでも生活は楽ではない。
格差社会のなかの貧困家庭。

 

部屋のなかは雑然としている。食事は粗末で、カップラーメン、肉屋で買うコロッケ、そうめん、時折り、鍋。
それでも繰り返し言えば、この一家はそれぞれが幸せそう。
拾われてきた女の子は居心地がよく居ついてしまう。

 

万引きと、幸福な家族というギャップが面白い。
祖母にはが入る。両親はそれを当てにしている。祖母が亡くなる。両親は年金欲しさに、祖母の死を隠す。

 

このあたりから、家族が少しずつ綻びを見せ始める。思いもかけない、切ないが明らかになる。

 

 

バズライトイヤーのセリフや名言などの雑学

バズライトイヤーのセリフや名言などの雑学

 

 

子どもの科学への間心を生んだピクサーのキャラクターの企画とは?

エンターテインメント感にあふれたCGアニ
メ映画で絶大な支持を誇る、ピクサーアニメーションースタジオ。『トイ・ストーリー』『モンスターズ・インク』『カールじいさんの空飛ぶ家』など、全ての作品がヒットしています。そのピクサーは、NASAとタッグを組み、多くの子どもたちに科学や宇宙への関心を持ってもらうために、あるユニークな企画を実行しました。それは『トイ・ストーリー』でおなじみのキヤラクター、バズ・ライトイヤーを使ったものでしたが、どんな企画だったのでしょう?

 

 

答え

バズ・ライトイヤーの玩具を本当に宇宙に連れていった

スぺースレンジャーという設定の玩具であるバズ・ライトイヤーを、教育プログラム「おもちや宇宙計画」の一環として、実際に宇宙に持って行ったのです。スぺースシャトル・ディスカバリーで国際宇宙ステーシヨンにたどり着いたバズは、他の乗組員らと共に無重力飛行実験に「参加」。その様子はNASAのウェブサイトで公開されました。なお、相方のウッディは木製だったため遠慮したそうです。

ちなみに、バズ・ライトイヤーという名前は、世界で2番目(アームストロング船長に続いて15分後)に月面を歩いた宇宙飛行士バズ・オリドリンに由来しています。

 

 

ピクサーが行う事後分析の方法

ピクサーでは、映画公開の終了後「事後分析」を徹底的に行います。次回作でも繰り返してやりたい演出と、失敗した点を、それぞれ5点ずつ参加者に挙げてもらうなど、かなり具体的なものです。成功をおさめた作品を分析して、わざわざ悪い点を見出すことはあまリ好まれないことですが、ヒットを続けていくためにはとても重要な作業なのです。

 

 

ピクサーの遊び心が生んだ演出

ピクサーの長編アニメには、毎回必ず『トイーストーリー』に登場する「ピザープラネット」のデリバリートラックが登場します。こんな遊び心を発見するのを楽しみにしているファンも多いそうです。

 

 

あしたのクリエイターを生むためのアイデア

ピクサー作品のDVD.ブルーレイでは、製作の現場がよく紹介されています。『トイ.ストーリー3』では、面白さをより.云えるための「脚本の書き方講座」がレクチャーされています。

 

 

2回目以降の鑑賞でも楽しめるアイデア

ピクサー作品では、キャラクターの深みを出すために、一瞬一瞬に「表情の変化」を盛り込む工夫をしています。たとえば『Mr.インクレディブル』では、コマ送りすると白目を向いていたり、顔を横に向けるときには瞬間的に卑屈そうな表情になったリしているのです。