天才子役の集中力を養成する遊びとは?

天才子役の集中力を養成する遊びとは?

 

 

天才子役の集中力を養成する遊びとは?

子どもながら数億円を稼ぐこともある子役たち。芦田愛菜ちゃんや鈴木福くんが有名ですが、売れっ子に共通するのは、子どもながらにものすごい集中力を持っているということです。本番に入ったらすぐに役に入れる、その姿勢はさすがプロの役者。中でも鈴木福くんの場合、遊びの中で集中力を養っており、父親とにらめっこをして集中力の訓練をしていました。それは、ちょっと工夫をしたにらめっこということですが……。どのようなルールなのでしょう?

 

 

答え

とてもマジメな顔をどれだけ長い時間答続けられるかを競う

真剣な顔をするにらめつこを、時間を測りながら競い合っていたそうです。このようにブレィクした子役の親たちは、様々な遊びの中で、集中力を一気に高めるスィッチを自然と身に付けさせています。そのため、本番直前まであどけない姿で遊んでいても、本番が始まると途端に笑顔が消えて、完璧な演技を見せてくれるのです。

また、愛菜ちやんや福くんは幼少とは思えないような、大人のような挨拶をしますね。子役養成所では、礼儀作法のレッスンをしており、たとえば、みんなで円になって隣の子の肩をたたいて振り向かせ、自分から挨搜するなどの力リキユラムがあります。

 

 

藤井四段をはじめ、頭のいいとされる子供や学生には、やはりそれなりの生い立ちがあるんですね。