北海道帯広にある屋台「北の屋台」の人気が衰えない秘密とは?

北海道帯広にある屋台「北の屋台」の人気が衰えない秘密とは?

 

 

北海道帯広にある屋台「北の屋台」の人気が衰えない秘密とは?

 

北海道帯広市、にある屋台村「北の屋台」。もともと帯広市、は飲食店も多かったのですが、不況のあおりを受け元気がなくなっていました。そこで「帯広を元気にしたい!」と町、の有志が集まり、2001年にスタートしたのが「北の屋台」なのです。以来10年間人気が衰えないのですが、それには、出店に関して「3年ごと」と設定された「ある決まり事」に秘密があるようです。さて、その決まり事とは何でしょう?

 

<答え>
3年ごとにすべてのお店が入れ替わる

すべてのお店が撤退した後は、再びコンペを行って、新しいお店を決めます。1ンーl加が1ので、アィデアーつーに責任が持てるというものです。コンペに勝って引き続き営業する。

毎回、新鮮な楽しみを味わえることになるわけです。「北の屋台」の成功により、函館市や北見市などでも次々と屋台が生まれ、北海道に新たな食文化を作り上げました。

 

 

 

地名や土地にまつわる雑学

地名や土地にまつわる雑学

 

 

 

食べ放題で地域活性化になった広島市、

広島市、で行われているイベント「あいのみ」。「街全体が合コン会場」のコンセプトで、参加費(男性6500円、女性3500円)を払えば、登録店すべてで飲み放題ー食べ放題。若い男女の出会いの場を提供すると同時に、地域活性化にも貢献しています。

 

 

ちなみに、群馬県前橋市、でも1000人規模の合コンが開かれており、会場の様子をラジオで中継しています。合コンに参加していない人もその様子を楽しめるので、次回の参加意欲が高まる仕掛けとなっています。

 

 

花を植えて犯罪率を下げた杉並区、

家屋が狭い路地に連なり、空き巣の発生に悩まされてきた東京都杉並区、。「フラワー作戦」と称して、路地裏の花壇や玄関先に草花を植えた結果、空き巣被害が4分の1になり、全国から視察希望が多く寄せられたといいます。

 

バスを使って安全な街をPRした函館市、

函館市、では「安全ー安心まちづくリ」をPRするために、白と黒に塗リ分けた「パトカーバス」を走らせています。