青山フラワーマーケットの店舗に関する雑学

青山フラワーマーケットの店舗に関する雑学

 

 

500円のフラワーブーケを置く理由

駅の構内の出店となると、賃料の関係でどうしても小さな店舗にならざるをえません。「それを目当てにお客が買いにくる」コアアィテムが重要となります。目にとまって買い求めやすい商品、それが、ワンコィンのプーケなのです。

同社が花を色ごとに並べている理由

ー般の花屋は、花の種類ごとにまとめているのに対し、青山フラワーマーケットでは色ごとに陳列しています。これは、お客が花束の組み合わせをスムーズに選べるょうにするためです。

 

 

店舗の中に冷蔵庫を置かない理由

青山フラワーマーケットでは、ー般の花屋で見られるような保存用の冷蔵庫を置いていません。これは、冷蔵庫があると売リ切る意欲がそがれるためなのです。そのため、ドライフラワーも扱っていません。

 

男性も花を買いやすくするためのアイデアとは

男性客が気兼ねなく花を購入できるように、ー見して花だと分からないよう、商品を黒い箱のフラワーボックスに包装しています。このボックスには豪華さを演出する効果もあります。

 

 

 

 

青山フラワーマーケットが店舗を出店する場所とは?

青山フラワーマーケットが店舗を出店する場所

 

 

話通の花屋*

青山フラワーマーケットが出店する場所とは?

首都圏を中心に数多く店舗を展開、花屋のファスト業態として脚光を浴びている青山フラワーマーケット。約8坪から10坪ほどのわずかな面積で、1日数百万円の売り上げが見込めるそうです。青山フラワーマーケットでは、自社のことを「花のある時間と空間を提供するサービス業」と捉え、洋ランなどの派手な花よりも、日常生活に寄り添った花に特化した展開を行っています。そのため、出店の際には特に「ある場所」を狙って進めるのですが、「ある場所」とはどこでしょう?

 

 

答え! 駅の構内

花屋がある場所といえば、消費地のすぐそば、たとえば大きなオフイスビル、病院、スーパーの一階というのが従来の立地条件でした。ところが青山フラワ1マーケットは、ふだんの生活にぬくもりを与える花とい>つ需要開拓が戦略の根本。となると、注目すべきは人通りが多いところであり、首都圏でいうと駅構内でした。

店内には、グラスブーケ、ダイニングブーケなど、生活シーンに合わせた様々な花束が用意されています。花を特別な扱いから解放して、日常使いを提案するのが、この「ライフスタイルブーケ」であり、値段も気軽に買える設定にしているのです。

 

 

 

無印良品にまつわる雑学

無印良品にまつわる雑学

 

 

商品名にこだわった無印良品のアイデアとは?

1980年、「わけあって、安い」の広告コピ一で誕生した無印良品。ブランド志向にとらわれず、「ノーマル」を追い求めることで、消費者にとっての等身大で自由な生活を追求しています。そんな無印では、売れ筋商品であるべッドのことを、「ベッド」とは呼ばずに「脚付マットレス」と表現しています。これにより「ある効果」が期待されるというのですが、その効果とは何でしょう?

 

寝るためだけの用途にとらわれず様々なライフスタイルに使ってもらえる

「ベッド」と表現すると、もちろん寝るだけの存在になってしまいますが、「脚付マットレス」なら、たとえばソファの代わりにも使ってもらえます。生活者の「自由」を確保して、ライフスタイルに合わせて使ってもらいたい。そうした商品には自然と愛着もわいて、長く使ってもらえるのではないか、という思いが込められているのです。

また無印良品では、世界的に有名なデザイナーの協力で開発された商品であっても、デザイナーの名前は表示されていません。ブランドは「これがいい」

で選ばれますが、無印では「これでいい」という商品を作ることを使命にしているからなのです。

 

 

 

企業名やロゴの雑学問題

企業名やロゴの雑学問題

 

 

【アイデア雑学】
・話題の電子タバコを普及させるために、プロモ-ションを行った場所はキャバクラでした。店に置いてもらったところ、たいへん好評を得たのです。

・2011年「このマンガがすごい丨」で1位に選ばれた『進撃の巨人L読者拡大のためにプロモーションした媒体は、なんと連載していない他のマンガ雑誌でした。読切作品が掲載され、さらに読者を獲得することになったのです。

・カップー「どん兵衛」が消費拡大のために展開したプロモーションは、駅のホームにどん兵衛が食べられるお店を出すというものでした。

・タリーズコーヒーが新規店舗をオープンする際、

多くの来客を実現する戦略として、書店で一定の買し、物をしたお客に無料チケットを配布しました。

 

 

【企業のネーミング雑学】

ソニーのパソコン「VAIO」の由来はポディカラーをバイオレットにしたこと。発売当時、他のパソコンの色は黒ーグレーが多く、売り場で目立つようにというアイデアからでした。

カー用品店「イエローハット」のハットとは、通学児童がかぶる黄色い帽子のこと。交通安全の願いが込められています。

焼き肉店の「叙々苑」。肉を焼く音が名前の由来で、それならば「じゅうじゅう」では?というところですが、実は日本人でなく、外国人の焼きの表現方法に合わせて「JOJO」としたのです。

伊勢丹のロゴ「ISETAN」のアルファべットには、「I」だけ丸い穴が開いています。これには、「世の中を見通す目」という願いが込められています。