歌川国貞は江戸後期を代表する浮世絵師

歌川国貞は、江戸後期を代表する浮世絵師

 

 

 

その人気は、歌川国芳や歌川広重などの人気浮世絵師をおさえ、当代随一と評されるほど、絶大なものだつたという。

江戸本所の渡舟場を営む家に生まれた国貞は、10代半ばで歌川豊国に入門し、22歳頃に浮世絵界にデビユー。

圧倒的な迫力な役者絵や美人画を発表し、一躍、浮世絵界の寵児へと上りつめた。

 

79歳で生涯を終ぇるまで、歌舞伎や吉原など、文化風俗を中心に次々とヒットを飛ばし、役者絵と美人画の名手として、歌川派を支えた。

本作は国頁の?年近くの作品で、初代?河原崎権十郎に、行者武松と腕の喜三郎のィメージを重ねて描いたもの。

 

シリーズのタィトル『当世好男子伝』は「みんなが大好きな人気者」とい、味で三者を指す。

野出の喜三郎が腕の喜三郎と呼ばれるようになったのは、ケンカで落とさんばかりに斬られ、それが見苦しいと、子分にノコギリで切り落とさせたから。

 

世間はその豪胆さに舌を巻き、以来、腕の喜三郎と呼ばれるようになった。

 

後に出家したとされる。彼の墓は、小塚原回向院にあり、墓石はこぶしを握つた腕の形をしている。

 

片岡直次郎、鼠小僧次郎吉、高橋お伝の墓も隣接している。

 

 

浦和レッドダィヤモンズ㈱が設立されたのは1992年

 

浦和レッドダィヤモンズ㈱が設立されたのは1992年

 

 

その翌年の93年の5月に、Jリーグが開幕。

 

以来、三菱自動車工業を中心に三菱グループ各社にも支えられ、ホームタウンである埼玉県、さいたま市とともに、地域の幸せのために活動している。

 

「さらに、2005年には培玉スタジアム内に本社機能を移転。現在、旧浦和市域には、クラブハウスがある大原サッカー場、所属選手のほか一般の方々も利用できるレツズランドと、計3つの拠点があります」

 

各拠点には8つの部署を配置。

「フアンコミュニティ部はチケツ卜の販売やフアンクラブへの対応。競技運営部は試合準備やセキュリテイー対策、対戦クラブとの交渉。バートナー営業部はパートナーとの対応。ホームタウン•普及部は、サッカースクールや小学校の授業のサボートなどを通じて、子どもたちの『こころ』を育むことを目的とした『ハートフルクラブ』の活動を柱としています。強化部は文字通り選手の強化対策を練る一方、小•中•高のチームの育成にも力を入れています。

 

その他、広報部、マーチヤンダイジング部、総務部があります」

17年は、アジアのクラブチヤンピオンを決めるAFCチヤンピオンズリーグ(ACL)で優勝。

FIFAクラブワールドカツブにも出場している。

 

 

恐竜を日本の大きな会社に例えると

 

恐竜を日本の大きな会社に例えると

 

 

「大企業は変化することに臆病だ」

なんて批評を目にしました。

ちょっと気になります。

「変化に対応できなければ生き残れない。大きくなりすぎて滅びた恐竜のように」

 

このくだりは異議ありです。

 

 

まず、恐竜に失礼です。

恐竜が繁栄した期間は実に1億6000万年、移り変わる環境に適応し、成功を極めた偉大な生物群です。

わずか20~30万年前に出現したばかりの人類が、進化の歴史の敗者のように扱える相手ではありません。

6600万年前の白亜紀末には、恐竜ばかりではなぐ海中のプランクトン、魚類、陸上の昆虫や植物、じつに70%以上の種が姿を消しました。

小さな生物も自然環境の変化から逃れられなかったのです。

恐竜はというと、今の鳥類につながる種族を残しました气立派なものです。

「大きくなりすぎて」なんて言いますが、生物の進化は「自然選択」の積み重ねです。

哺乳類も多くの種が自然選択の結果、大型化しました。

体が大きいほど単位体積あたりの表面積が小さくなり、体表面を通しての環境の影響を受けにくくなるのです。

暑さにも寒さにも強い。

 

 

だけど、たくましくなければその体は維持できません。

ゾウやクジラを見てください。

「大きくなりすぎた」なんて言わせない威厳があります。

恐竜も同様、たくましく生命力あふれる生物だったはずです。

 

ここは、恐竜の名誉のために反論しておきたいと思います。