子育て 子供を叱る

子育て 子供を叱る

 

 

5歳の息子が嘘をつくようになり、困っています。

叱る前に、お子さんの思いを理解して自分の子供が嘘をつくようになると、困惑するのは自然なことです。

その一方で、正常な発達の証しともいえます。

お子さんが嘘をつく状況を理解することから始めてみましょう。

おもちやを壊したとき「お母さんに怒られる」と感じてつく嘘は、自分を守るため。

こんな場合は「嘘をつかれるとお母さんは悲しい、悪いことをしても、本当のことを話して謝ってくれたほうがうれしい」と伝えてみてはどうでしようか。

また親がかまってくれないときに「頭が痛い」などと言って注意を引こうとすることがあります。

そんなときは「さびしかったのね。

お母さんは、いつもそばにいるからね」とやさしく声をかけ、安心させてあげましよう。

多くの場合、子どもの嘘に悪意はなく、何らかのメッセージが込められています。

なぜ嘘をついたのか、お子さんの思いを理解してあげることが大切です。

そして、お子さんが嘘をつくような環境をつくっていなかったか、親自身の言動を見直してみましょう。

そのうえで、「嘘をつくと、人を傷つけたり、自分の信用をなくしたりしてしまう」と、しっかりと教えることが重要です。

 

 

ご相談内容ベスト10

①育児の悩み

②気になる症状

③婦人科、泌尿器科

④健康の維持、増進

⑤歯、痔などを含む消化器

⑥目、耳、歯など神経系の病気

⑦妊娠、出産

⑧整形外科の病気

⑨皮膚科の病気

⑩心の病気

 

 

You Might Also Like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です