ニコン 100周年記念モデル

ニコン 100周年記念モデル

 

 

ニコンが100周年を迎えた記念モデルを世界的に展開している。

「さまざまな企を行っています。新しい経営ビジョンを予定するビジョン分科会では、新経営ビジョン『unlocktliefuturewithUiepowerof一ight』を策定。
歴史を宵利するアーカイブ分利会では、相史、ニコンミユ―ジアムの運営。
そしてイべント分科会があります」

これらの記念企両にはテーマが2つある。
ひとつは、これまでの100年間支えていただいた感謝。
もうひとつこれらの100年も挑戦を続ける、というメツセージ。
「PRイベント分科会では、イぺントを企画し、100周年記念ウェブサイトを開設、さまざまなコンテンツを制作し発信。
デザイン部が制作した記念ロゴは、ニコングループ約100社で統一できるように使用マニユアルを作成。
このように分科会では100周年PRで使用する索材を制作し全社に展開しています」

グローバルにしています。
また記念イベントも各社が松極的に施。
日本では、9月に大阪と、ニコンを愛してくださる皆さまに集まっていただくファンミーテイングも開催しました」

本初に切設するニコンミユージアムでは企画展として『マウント.NIKKORの世界』を12月まで開催。
約400点の.NIKKOR レンズを一堂に展示している。記念サイトは和英.中の3言語を用。社員参加の映像も制作した。

 

「ひとつは、国内企画として、10代を中心に人がある。」

コラボレーションしたダンス動両。もうひとつは、世界中のニコン社から集めた写與をつなげた写真動画です。
これらの動画をはじめ100周年を記念して制作したコンテンツは記念サイトで公開しています」

100周企画でももっとも注意されているひとつが、記念モデルやグッズの販売だ。

「フラッグシップモデルをはじめとする映像製品に記念ロゴを入れて特別色で製作、特製のトランクケースに収めた限定モデルを販充。
またグッズでは、スワロフスキーのクリスタルガラスで制作した ニコンI型』、そして『2分の1サイズで精に再現したミニチュアモデルなどが人気です。

 

You Might Also Like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です