道の駅 貞光ゆうゆう館の料金などご紹介

道の駅 貞光ゆうゆう館の料金などご紹介

 

 

日本各地に1,000以上ある「道の駅」。ドライブでの休憩所、地元食材の販売だけではなぐ今ではその地域ならではのグルメ、お土産、温泉、体験コーナー、レクリェーション施設などが併設されており、バラエティー豊かな「道の駅」がいっぱいです。まさに全国から多くの観光客が訪れる、人気のスポットです。今年はどんな「道の駅」に行ってみたいですか?

 

 

 

貞光ゆうゆう館

 

所在地:徳島県美馬郡つるぎ町貞光字大須

お問い合わせ:0883-62-5000

営業時間:9:00~17:30

休館日:物産センター:第3水曜日レストラン:毎週水曜日

23mの展望台から、吉野川と剣山が一望!

高い円筒型の建物が目を引く、道の駅。地上23mのシンボルタワーに上がると、穏やかな吉野川の流れが一望。

好天に恵まれれば標高1,955mの剣山も見渡せる、圧巻の360度パノラマビュー。

23階の開放的なレストランでは、地域の食材を使ったメニューが盛り沢山。

ここで味わえる阿波尾鶏や半田そうめんが大人気。お土産品も豊富なので観光がてらに立ち寄ってみては。

 

 

道の駅 燕趙園 鳥取の中国庭園

道の駅 燕趙園 鳥取の中国庭園

 

 

日本各地に1,000以上ある「道の駅」。ドライブでの休憩所、地元食材の販売だけではなぐ今ではその地域ならではのグルメ、お土産、温泉、体験コーナー、レクリェーション施設などが併設されており、バラエティー豊かな「道の駅」がいっぱいです。まさに全国から多くの観光客が訪れる、人気のスポットです。今年はどんな「道の駅」に行ってみたいですか?

 

 

燕趙園

 

所在地:鳥取県東伯郡滉梨浜町引地565-1

お問い合わせ:0858-32-2184

営業時間:売店9:0017:00

レストラン豊味園11:0014:30/1フ:3〇21:00

中国庭園燕趙囹お問い合わせ:0858-32-2180

営業時間:9:0017:00

料金:大人(高校生以上)500円、小中200円

休館日:1月と2月の第4火曜日

中国庭園を満喫できる道の駅

道の駅「燕趙園」は、鳥取県と姉妹都市である中国河北省の友好のシンボルとして建築された本格的中国庭園「燕趙園」に隣接。外観は中国庭園同様に赤を基調にした華やかな造り。館内には地元の梨や新鮮野菜、特産の梅(野花豊後)の加工品が揃う。またカラフルな中国雑貨や山陰銘菓も充実。レストランでは中国人シェフが腕をふるう本格中華料理バイキングが楽しめる。本格中華料理を味わった後は、絢爛豪華な中国庭園を散歩してはいかが?

 

 

ニコン 100周年記念モデル

ニコン 100周年記念モデル

 

 

ニコンが100周年を迎えた記念モデルを世界的に展開している。

「さまざまな企を行っています。新しい経営ビジョンを予定するビジョン分科会では、新経営ビジョン『unlocktliefuturewithUiepowerof一ight』を策定。
歴史を宵利するアーカイブ分利会では、相史、ニコンミユ―ジアムの運営。
そしてイべント分科会があります」

これらの記念企両にはテーマが2つある。
ひとつは、これまでの100年間支えていただいた感謝。
もうひとつこれらの100年も挑戦を続ける、というメツセージ。
「PRイベント分科会では、イぺントを企画し、100周年記念ウェブサイトを開設、さまざまなコンテンツを制作し発信。
デザイン部が制作した記念ロゴは、ニコングループ約100社で統一できるように使用マニユアルを作成。
このように分科会では100周年PRで使用する索材を制作し全社に展開しています」

グローバルにしています。
また記念イベントも各社が松極的に施。
日本では、9月に大阪と、ニコンを愛してくださる皆さまに集まっていただくファンミーテイングも開催しました」

本初に切設するニコンミユージアムでは企画展として『マウント.NIKKORの世界』を12月まで開催。
約400点の.NIKKOR レンズを一堂に展示している。記念サイトは和英.中の3言語を用。社員参加の映像も制作した。

 

「ひとつは、国内企画として、10代を中心に人がある。」

コラボレーションしたダンス動両。もうひとつは、世界中のニコン社から集めた写與をつなげた写真動画です。
これらの動画をはじめ100周年を記念して制作したコンテンツは記念サイトで公開しています」

100周企画でももっとも注意されているひとつが、記念モデルやグッズの販売だ。

「フラッグシップモデルをはじめとする映像製品に記念ロゴを入れて特別色で製作、特製のトランクケースに収めた限定モデルを販充。
またグッズでは、スワロフスキーのクリスタルガラスで制作した ニコンI型』、そして『2分の1サイズで精に再現したミニチュアモデルなどが人気です。

 

カップヌードル 開発

カップヌードル 開発

 

 

カップヌードル開発秘話

 

「カップヌードル」が世に出たのは、1971年9月。

「開発まで約5年の歳月を費やしました」

と話すのは、広報部に所厲するかた。58年に、世界で初となるインスタントラーメン「チキンラーメン」を送り出した創業者。同商品は、またたく間に国内市場を席巻したが、満足していなかった。国民食ではなく、世界食にしようと、欧米に視察に出掛ける。

 

「66年、米国カリフォルニア州に行ったときのことです。現地のハイヤーに、まずは食べてくたさいと。するとチキンラーメンを割って、コップに入れ、お湯を注いでフォークで食べ始めました。身近にどんぶりもおはしもなかったのです。衝撃を受けました。カップを手に持ち、フォークで食べる。世界食にするには、超えるべき食習慣の壁があったのです。ちなみに、初期のカップヌードルにはプラスチックのフォークが付いていました」

 

その発想から、なぜ5年の歳月を費やしたのか。最も苦労したのが、カップに入れる工程だったという。

「上からカップに入れようとすると、傾いたりひっくり返ったりしてうまく入らない。そこで、カップに湯を入れるのではなく、カップをかぶせ、反転させてみました。すると、容器の中間にしっかりと固定されたのです。これを”逆転の発想と呼んでいます。ここをクリアすることで、工場での大量生産が可能になりました」

さらにが中問に固定されることで、カップの強度が高まるとともに輸送中にが壊れない、お湯が上下から素早く包み込み均一に仕上がるなどの効果をもたらした。

その「カップヌードル」に入っている具材のひとつが、ネッ卜上やロコミで話題になっている、いわゆるク謎肉,.である。果たして、その正体とは?

「豚肉や野菜などをミンチ状にした具材です。人気の具材で、『カップヌードルビッグ々謎肉祭々』は大変話題を呼びました」

これまで世に出した「カップヌードル」の種類はカレー、チリトマト、シーフードを含め110種類以上。現在、80以上の国と地域で販売されている。国や地域に合った味付け、仕様にしているため、それぞれ味は異なるという。

「2016年3月には、梁計販売食数が400億食を突破しています」