ジャパネットたかた テレビなどの評判

 

ジャパネットたかた テレビなどの評判

 

通販のジャパネットたかたが販売を止めてしまう商品とは?

長崎佐世保の本社に併設したスタジオから、日本全国へ通信販売を展開している「ジャパネットたかた」。様々な商品を扱っていますが、どんなに売り上げがよくても、お客の反応によっては販売を止めてしまう商品があるといいます。さて、それはどんな商品でしょう?

 

 

 

操作が難しいという意見があった商品

ジャパネットたかたでは、操作方法に時間がかかるものはご法度。同社の主要顧客は、高齢者層だそうです。

チラシに載っている商品を、高田明社長が放送ーつ紹介しているのが知りたいという声が多いのだそうです。

 

 

自社スタジオから放送するメリット

ジャパネットたかたが自社スタジオから生放送をする理由の一つは、天候の変化に合わせ、紹介する家電などを即座に変更することができるからです。

 

 

あえて通販番組の台本を作らない理由

同社の通販番組には、台本が存在しません。これは、あらかじめ設定した台本通りにしやべろうとすると、それにとらわれて受け手に想いが伝わらなくなるという考えから。

 

 

高田社長の語りくちに注目

通販番組での高田社長の特徴として、話すスピードが非常に速いことが挙げられます。普通の人は、1分間に350字ぐら、なのですが、高田社長の場合、1分間に550字ほどの内容です。早く話すためには、内容を十分理解していないといけません。それが伝わりやすさにもなっています。真逆の例で恐縮ですが、悪名高い振り込め詐欺でも、これくらいのスピードで話しているケースが多いそうです

また、高田社長はひんぱんに「みなさんー」と問いかけます。これはまるで自分に話しかけられているかのような効果を生み、親近感が湧きます。安心、信頼につながって購入に結び付くわけです。

 

 

「ジャパネット負担!」 その額は?

「1.手数料はジャパネットー!」の同社がー金額は、年で年間約ー億円だそうです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です