ANA お客を大切にする精神を育てる全日空のアイデアとは?

ANA お客を大切にする精神を育てる全日空のアイデアとは?

 

「あんしん、あったか、あかるく元気!」なサービスの提供をモットーにしている。

 

全日空。その中の一つ「あったか」とは、親しみやすい「『あったか』なサービス」のことです。その意識を高めるため、全日空ではお客から届いた「ありがとう」の声を、「あるもの」に印刷して社員たちに配布しています。これは、社員が自分の家族からも立派な職とリスペクトされるきっかけになるそうですが……。さて、このアイデアとは何でしよう?

 

 

 

答え

給与明細にお客の声を印刷している

いただいたお礼や賛辞を、明細の一部に印刷しています。モチべーションを喚起するには、このょうに利用客の雲のエピソードを介することが打ってつけでしょう。さらに、贊の家族も頼もしく誇りです。

全日空では、女性が多い職場で特に有効な、「仲間をほめる仕組みに着目」、日頃なかなか言いにくい感謝を仲間に示します。上司からも部下からも、蠢からも籠からも力ードは配られており、理想とする「全日空らしさ」を発揮するために、社員全員で取り組んでいる取り組みの一つなのです。

 

 

全日空のフラットな環境づくりのアイデア

全日空では、社員どうしで声をかける際、「〇〇部長」など役職名を付けずに「さん」付けで呼びます。これによリ、上司.部下といったタテの関係に縛られず、言いたいことを伝えられる環境を醸成しています。

客室乗務員の仕事が順調にいくミーティングの工夫

全日空では、フライトの前の会議で客室乗務員が座る座席の位置を、飛行機の中での配置と同じにしています。そのため、機内ではスムーズな動き方ができるそうです。

 

 

全日空のファーストクラスのゴージャスサービス

 

成田着ファーストクラスの顧客に限り、成田空港に戻ってきたお客を赤坂までヘリで輸送するサービスを行っています。

 

お客にお願いしていること

環境に配慮したエコフライトを徹底している全日空では、利用者にお手洗いを済ませてからの搭乗をお願いしています。こーに20%のお客が協力したとすると、機体が軽くなリ燃費が向上。月間4,7トン相当のC02が削減できるそうです。

格安航空会社ーピーチの機体カラーが表現するもの

全日空が出資して誕生した格安航空会社のピーチ.アビエーシヨン。韓国ー中国など日本文化が浸透している近隣諸国との路線が計画されていて、派手な機体カラーは、サブカルチヤーの聖地ー秋葉原をイメージしたものとなっているそうです。

 

 

 

 

You Might Also Like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です