イケアのオープンに関する雑学

イケアのオープンに関する雑学

 

 

店員に商品への愛着をわかせるイケアの手法とは?
スウェーデン発祥、安くてデザイン性が高い家具で人気を集めているイケア。日本では2006年、船橋で一号店がオープンしたのを皮切りに、次々と新店舗が誕生しています。そのイケアでは、店舗に対する愛着を育むなどの理由から、新規開店する前や新商品発売の前に従業員一丸となって「あること」が義務付けられます。それはどんなことでしょう?

 

答え

商品を自分たちの手で組み立ててディスプレイまで考える

イケアの店舗では、商品見本を従業員が自分たちの手で組み立てています。また、陳列ー演出もすベて手掛けているということです。こうしないと、商品に対する理解が深まらず、お客様にきちんとした説明ができないとの考えからです。

自分で組み立てるもう一つの狙いは、イケアに対する愛着を育むこと。すべてお膳立てされて仕事が始まるのと、何もない状態から自分たちで商品を組み立てて開店を迎えるのとでは、恩い入れに格段の違いがあります。同時に、仲間意識も形成されますね。

イケアの新店のオープン日には、感動のあまり泣き出す従業員も出るといいます。

 

 

 

You Might Also Like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です