イケアの店舗に関する雑学

 

イケアの店舗に関する雑学

 

パリのメトロで行った個性的キャンぺーン

イケアでは、パリの地下鉄の駅にてユニークなキャンぺーンを展開しました。それは、ベンチをイケアのソファーに置き換えて、電車待ちをしている人に座リ心地を体感してもらおうというもの。駅のホームには、本棚やテレビなどの壁紙が貼り出され、まるで部屋に居るようなリラックス感を味わえたということです。
日本初のオープン時に展開した斬新な宣伝
イケア船橋のオープン前日。ー車の窓から見える位置にあるJR京葉線ー新浦安駅のマンションを、1棟丸ごと広告媒体にして、ベランダを使い一斉に「IKEA」のロゴをアビールしました。

 

 

クリスマスツリーを返すことができるアイデア

イケアが販売するクリスマス、ソリーは、シーズン後に返却すると、ツリーと同額の商品券がもらえます。お客の来店を促すための効果を期待し、親で行っているのです。

 

 

子どもを預かる場所ではなくて……

「男性預かり所」、がイケアが存在します。これは、ショッピング好きは女性が中心になることからの発想です

 

 

イケア内にあるレストランの必然性

イケアが誕生した北欧のスウエーデンは「腹が減っては買い物ができぬ」という国民性を持っているそうです。店舗内にレストランがのは、そういった感覚を反映しています。

 

 

 

 

 

You Might Also Like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です