青山フラワーマーケットの店舗に関する雑学

青山フラワーマーケットの店舗に関する雑学

 

 

500円のフラワーブーケを置く理由

駅の構内の出店となると、賃料の関係でどうしても小さな店舗にならざるをえません。「それを目当てにお客が買いにくる」コアアィテムが重要となります。目にとまって買い求めやすい商品、それが、ワンコィンのプーケなのです。

同社が花を色ごとに並べている理由

ー般の花屋は、花の種類ごとにまとめているのに対し、青山フラワーマーケットでは色ごとに陳列しています。これは、お客が花束の組み合わせをスムーズに選べるょうにするためです。

 

 

店舗の中に冷蔵庫を置かない理由

青山フラワーマーケットでは、ー般の花屋で見られるような保存用の冷蔵庫を置いていません。これは、冷蔵庫があると売リ切る意欲がそがれるためなのです。そのため、ドライフラワーも扱っていません。

 

男性も花を買いやすくするためのアイデアとは

男性客が気兼ねなく花を購入できるように、ー見して花だと分からないよう、商品を黒い箱のフラワーボックスに包装しています。このボックスには豪華さを演出する効果もあります。

 

 

 

 

You Might Also Like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です